駿河遠州スポーツダイバーズ協議会とは?
 私たち「駿河遠州スポーツダイバーズ協議会」は、特定非営利法人(NPO)静岡県ダイバーズ協議会の正会員、そして地域協議会として地域のダイビング事業者との密接な関係を築き、ダイビングの事故を防止するとともに、ダイビングマナーの向上及び自然保護の啓蒙活動、船舶・漁業関係者・市民ならびに観光旅行者との親睦を図ることにより、安全で秩序ある海洋レクリエーションの普及と地域発展に寄与することを目的として活動しています。

駿河遠州スポーツダイバーズ協議会(SESDC)は、ダイビングショップ/ダイビング指導団体の枠を超えて、真にダイビングの安全を考えていこうという同じ考え方を持つ静岡県東部/中部/西部のダイビングショップ/インストラクターを中心とする協議会です。
静岡県内に本店、支店等を持たなくても、駿河遠州スポーツダイバーズ協議会に賛同していただける、一般に「ダイビングショップ」や「ダイビングサービス」と言われる潜水事業を行っている個人及び法人であれば加盟することができます。協議会エリアに店舗がなくても、協議会エリアで日常の活動を行うことが多い方は加盟できます。

上記内容にご賛同いただき、加盟をご検討いただけるダイビングプロフェッショナルの方は、事務局までご連絡いただけますようお願い申し上げます。
また、加盟お申し込みはこちらのページから承ることもできます。たくさんの皆様のお力をお貸しください。

「津波が起きた時にダイバーは?公開検証会」 実施のお知らせ

2012年4月12日 木曜日 旧暦で2012年03月22日
Posted by 駿河遠州スポーツダイバーズ協議会事務局
晴のち曇駿河遠州スポーツダイバーズ協議会事務局へメールする


いつも大変お世話になっております。駿河遠州スポーツダイバーズ協議会事務局です。

未曾有の大震災から1年が経ちました。
海をフィールドにし、ダイビングを生業とする我々は「津波」という自然が起こす強大な現象と向き
合っていかなければならないと再認識したのではないでしょうか。
そこで、実際に大地震や津波が発生した際に、ダイバーは、どのように動き避難をするのにどれくら
いの時間を要するものなのか実際に検証して見ることも大切と考え、下記の日程で「津波に対しての
検証会」を開催することといたしました。
検証してみるだけではなく、スクーバダイビングを楽しんでいる皆様の安心や気持ちの上での余裕に
つながるものは何かを検討するいいチャンスだと思っております。
ぜひ大勢の皆様にご参加いただき、多くの検証結果ならびにご意見を賜りたく存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

「津波が起きた時にダイバーは?公開検証会」
日時:2012年5月17日(木) 8:30集合
場所:井田海岸(井田ダイビングセンター前に受付あり)
内容:地震・津波発生を想定し、避難行動の実験・検証
会費:NPO法人静岡県ダイバーズ協議会会員 2,500円
   非会員 3,500円
   見学のみ 無料
   お弁当:別途1,000円

<タイムスケジュール>
08:30 参加者集合・受付
09:00 検証会趣旨説明・チーム分け
09:30 着替え終了後、指定場所に集合
09:45 各グループごとに検証スタート
11:45 検証終了
12:00~13:00 昼食
13:15 午前の検証を元にディスカッション
16:15 検証会終了・解散

地震発生を想定し、避難行動を開始し5~10分で何が出来るかを各グループごとに実験。
水面到着後急いでエキジット、または沖に向かって泳ぐなど、避難行動に答えは設けていないのでとにかく色々と試してみる。
実験中はZERO社製の水中警報器がどのくらいの範囲聞こえるかなどを同時進行で検証します。

参加希望の方は、以下のページに参加される方個々にご記入いただき送信してください。
同一店舗から複数名の方がご参加いただく場合でも、個々にご送信くださいますようお願い申し上げます。
「津波が起きた時にダイバーは?公開検証会」 お申込みページ

大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

pdfチラシはこちらからダウンロードできます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>