SESDCとは?

駿河遠州スポーツダイバーズ協議会(SESDC)は、2005年2月3日、静岡県東部/中部/西部のダイビング事業者の有志により設立された非営利の団体です。

ダイビングの事故を防止するとともに、ダイビングマナーの向上及び自然保護の啓蒙活動、船舶・漁業関係者・市民ならびに観光旅行者との親睦を図ることにより、安全で秩序ある海洋レクリエーションの普及と地域発展に寄与することを目的としています。

具体的な活動内容は・・・

  • 漁協・警察・海上保安庁との事故対策訓練(潜水事故防止講習会および現場での緊急事故対処訓練)

  • 各事業所・ガイドダイバーへの安全対策の普及

  • 海洋利用者間の協力と連携を保つ(他マリンレジャー/マリンスポーツ愛好者との連携)

  • ダイビング安全対策に関する啓蒙活動(各ダイビング事業者を利用する一般の方への告知等)

  • ダイビングの安全に関する監督官庁よりの指導、伝達事項、規制等の伝達及び指導

  • 災害発生時における水中救助等の支援活動

  • 海難事故発生時には警察署・海上保安庁・各ダイビングエリアの漁協・ほか各団体と一致協力し、連携を取りながら捜索活動も行います。